このワクチンを投与すれば、
社員教育の悩みが消えます!

企業の社員教育に関わる人事の方へ

社員が変わる「原田メソッドセミナー」への招待状を今すぐ受け取ってください!
自立型人間
養成講座!

人事担当のあなたは社員教育で
こんな悩みを抱えていませんか?

  • 社員のモチベーションをどう上げたらよいかわからず、ずっと悩んでいる。
  • 社員が自立して働くにはどうすればいいか悩んでいる。
  • 社員に、どのように⽬標を持たせていいかその方法がわからない。
  • 結果が出せない社員をどう育てたらいいかわからない。
  • 社員の離職率が高く悩んでいる。
  • 社員が自立して働くにはどうすればいいか悩んでいる。


リクルートが行った「100人アンケートで明らかになった人事部の課題」という調査では65%の人が人材採用、59%の人が人材育成が人事上の課題と感じていることがわかっています。
人事にとって採用業務は大きなウェイトを占めています。ただ、せっかく採用した貴重な人材がなかなか定着せずに、なぜか退職してしまうというケースに悩まされていませんか?このような負のスパイラルに陥らないためにも、社員をどのように育成し、いかに戦力化するか……。

これが人事にとっての本質的な問題であるのは間違いありません。

人事担当者のあなたは、社内の人事教育を何とかしようと積極的に動いてきました。、本社から言われた人材育成プログラムに従って、人事システムを構築し、目標管理システムを社内に展開するという役目を果たしてこられたのではないでしょうか? でも果たしてそれが機能してきたと自信を持って言えますか?

もし成果が出なかったとしても、それはあなたの能力が低いわけでも、あなたの会社の目標管理の方法が悪いと言っているわけでもありません。
ただし、唯一、あなたはあることを知らなかったために、あなた自身が気づかないうちにはまり込んだ悪性のウイルスにかかってしまっている可能性があるのです。

そのウイルスの正体とは? このウイルスの正体はそれぞれの企業毎に異なります。今すぐ手を打つことで、今まで抱えていた悩みが解決すると確信しています。

今回紹介するワクチンは「原田メソッド」という目標達成スキルです。このワクチンを現存の目標管理システムを活かしながら、投与していく(加えていくこと)で、今までの人材育成に関する悩みは消えてなくなるでしょう。

世界で絶賛されている目標達成法「原田メソッド」とは?

人間の行動科学、心理学、脳科学といった科学的アプローチから体系化された、科学的な目標達成方法です。
原田メソッドは、単なる目的・目標達成のノウハウではなく、自分の心を自分で育成してもらいたいという願いが込められた手法なのです。つまり、原田メソッドを実践することにより、目的・目標達成の過程で、同時に自らの心を育てることができるのです。一般的な「目標管理」システムとの違いがここにあります。
ここ数年、多くの企業で成果主義が導入されました。成果を上げる企業もある中で、残念ながら心の問題を抱えたり、自分のこと(自分の利益や成功)だけに突き進むビジネスパーソンも生み出しました。特にメンタルに対する取り組みは、今や企業における大きな課題となっています。原田メソッドでは、仕事で成果を生み出しながら、普段の仕事や日常生活の中で、同時に心を育てることができるように工夫されています。
そのため、従来のMBOなどの目標管理システムが形骸化しているとお考えの人事担当者の方には、今回のセミナーが現状を変える大きなきっかけになるでしょう。

原田メソッドを学ぶことで
得られるものとは?

  • 社員一人一人が何をすべきかを自主的に考えて仕事をするようになる。
  • 指示がなければ動かなかった社員が、積極的に改善に動いてくれるようになります。
  • 今まで浸透しなかった5Sが自然に定着するようになります。
  • 社内の人間関係が良くなり、生産性がアップします。
  • この教育を受けることで、家庭内のコミュニケーションも良くなります。
  • 指示がなければ動かなかった社員が、積極的に改善に動いてくれるようになります。

今まで私のセミナーに参加された方の声

S.M.さん
目的、標の4つの観点から考える思考から、目標を設定することの大切さを学んだ。なんとなく毎日を過ごしてしまっているが、日々の反省を行いながら、明確な目標設定をして仕事にあたりたい。
T.M.さん
目的をはっきり設定することが、いかに大事かがわかった。「思考は現実化する」と言われるが、今後も現実を見ながら常に目標を設定して進めたい。原田メソッドを通じて日々の仕事の反省や気づきを多く得られました。
Y.N.さん
目的、目標の大切さは知っていたが、達成したときの結果を客観的に見ていなかったので、それがやる気につながることが分かった。4つの観点から目的・目標を見たときに、自分・他者の感情の変化がモチベーションになることを体感できたので、そこを考えて目的・目標を設定しようと思った。
S.T.さん
今まで自分の努力や結果に他者は関係がないと思っていたので、4観点シートの中に、自分だけでなく、他者からの視点が入っていることが新鮮だった。原田メソッドは4歳からでも取り組めることを聞いたので、他の人にも紹介しやすい。
A.K.さん
「成功は技術」という言葉から、大変大きな励みを得ました。先天性の要素を否定できる(頑張り方次第でどうにでもできる)かもしれないと感じていたことが、明確なメソッドにより証明されたことは喜ばしく思います。

H.S.さん
4観点シートについては記載してみて気づきを得られてよかったです。PDCSSサイクルの特に「Check」の項目、自分ができていない内容だったので、これから取り組んでいきます。

 

S.M.さん
目的、標の4つの観点から考える思考から、目標を設定することの大切さを学んだ。なんとなく毎日を過ごしてしまっているが、日々の反省を行いながら、明確な目標設定をして仕事にあたりたい。
<原田メソッド、国内企業への研修・導入実績>

・約470社・94000人
野村証券株式会社           カネボウ化粧品株式会社
アステラス製薬            中外製薬工業株式会社
ダイハツ工業株式会社         キリンビール株式会社 
アフラック              株式会社外林  
株式会社不動テトラ          日本イーライリリー株式会社
日本生命               武田薬品工業株式会社
株式会社オリエンタルランド      三菱UFJ信託銀行株式会社
メットライフアリコ          加森観光株式会社
住友生命               株式会社ワイズマート
ヤンセンファーマー㈱         三菱UFJモルガン・スタンレー証券
大阪ガス㈱              ミルクミリポア
ユニクロ               他多数
  


セミナー詳細

原田メソッド
導入セミナー
日時:毎週 日曜日 14:00ー16:00 2時間のセミナー
(参加希望があった時点で、日程調整を致します。)
定価:通常定価:3,000円/人 → 2020.6末までの申込者に限り、2,000円/人
内容:
原田メソッドの概要、目標の立て方、原田メソッドの各種ツールのご紹介
企業の教育に活かす方法をご説明します。
*セミナーの最後に、ツールをより深く学ぶためのセミナーのご案内もさせて
いただきます。
原田メソッド
導入セミナー
日時:毎週 日曜日 14:00ー16:00 2時間のセミナー
(参加希望があった時点で、日程調整を致します。)
定価:通常定価:3,000円/人 → 2020.6末までの申込者に限り、2,000円/人
内容:
原田メソッドの概要、目標の立て方、原田メソッドの各種ツールのご紹介
企業の教育に活かす方法をご説明します。
*セミナーの最後に、ツールをより深く学ぶためのセミナーのご案内もさせて
いただきます。
参加者特典1

目標設定ができる4観点シート(印刷版)

従来の社内教育における目標設定では、自分の目標のみに注目していて、他者の目標を考える視点はなかったのではないでしょうか? これをやると社員一人ひとりが何をすべきか明確になり、社員の仕事に対する取り組み姿勢が変わります。講義の中でも説明しますが、詳しい記入方法のサンプル付きで、当日参加された方にお渡しします。
参加者特典2

原田式目標設定シートサンプル

目標を達成できるかどうかは、「目標を達成するために必要なシナリオをどれだけ明確にかけるかどうか?」にかかっています。実際にこれを書いたて成功した人のサンプルシートを参加者だけにプレゼントします。
参加者特典3

オープンウィンドウ64のサンプル

原田メソッドを代表するツールの一つ、オープンウィンドウはメジャーリーガーに挑戦する大谷翔平選手が高校生の頃からずっと実践していることで有名なツールです。あなたの立てた目標を達成するために、具体的に何をする必要があるかを64個書き出すことで、成功のためになすべきことを視覚化します。体験セミナーに参加された方には、実際に書かれたオープンウィンドウのサンプルをプレゼントします。

私から学ぶべき理由とは?

講師: 松尾弘毅

私は、長年製造業のサラリーマンとして働いていました。モノづくりの現場では何か製造上で不具合があると、悪い箇所を徹底的に調査して、その原因を追求し改善をすることが要求されます。約35年のサラリーマン経験の中で、ほぼすべての部署を経験し、その中で受けてきた教育は、PDCAを廻すということでした。
ただし、このPDCAの仕組みには目に見える部分である、結果・行動の部分にのみ焦点をあてています。人間は感情を伴う動物であり常に思考をしながら生きています。この感情・思考の部分が結果を決めることがわかった上で企業教育をするのと、わからずにするのとでは大きな差が生まれます。ここに従来の企業教育の限界があるのです。
私は、ものづくりの仕事の現場において多くの人と接する中で、結果を生み出すのは人の感情・思考の部分だと感じました。これが私がモノづくりから、ココロづくりの教育を目指そうと思ったきっかけです! 
私は、ほとんどすべての部署を経験してきたからこそ、あなたの職場にくすぶる職場特有のウイルス(問題点)を特定しカスタマイズすることで、効果的なワクチン(対処法)を投与し、あなたの会社からウイルスが2度と発生しないようにする自信があります。

あなたの選択

今まで、上記で説明した方法を聞いてどう思いましたか? 今回、私が紹介する原田メソッドを学ぶことで、大きな気づきが得られるでしょう。あなたには、2つの選択肢があります。

1つは、これまでと同じく従来の社内教育システムを厳守し、社員に対してのモチベーションアップを模索しながら改善していく方法。この方法でも問題解決ができるかもしれません。ただし、今までの延長線上で改善する方法は時間がかかる上、根本的な解決策につながらない可能性があることを覚悟しなければならないのです。
もう1つは、原田メソッドのセミナーに参加して、正しい目標達成の方法を学ぶ方法。人格を土台として自らの持つ能力を発揮することに成功している人は、成果を生み出す仕事力と、人としての人間力のバランスが取れた人です。セミナーに参加することで社員教育に確信を持てるようになり、社員の人間力がついてくるのを見て驚くでしょう。お申込みは簡単です。「結果主義からくる人の問題」という慢性の悪性ウイルスを今すぐ除去するために、適切な対策(効果的なワクチン投与)が今すぐ必要です。
下の申し込みフォームから必要事項を記入の上お申込みください。

申し込み

申し込み方法:以下の申込みフォームから申し込みをお願いします。日程は申込みを頂いた後に、
個別に打ち合わせをさせていただきます!
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信